はじまりは、子どもが好き♥楽しいから♥

私自身、保育士、幼稚園教諭の資格をもっていて、子どもが大好き♥ということで、キッズフラワーレッスンや親子レッスンをKaniふぁみりあのフラワーレッスンコースの中に取り入れてきました。最近になって、もしかして子どもの頃からフラワーアレンジメントでお花に触れることが、ただ楽しいだけでなく、机の前に座る習慣をつけたり、集中力を高めてたり、人間性を形成するのにすごくいいんじゃないの?ってことに、気がついちゃったんです♥

気づいたのはこんなこと

昨年の秋に林修先生の初耳学テレビで認知の能力と非認知能力の話が取り上げられたようで、私は普段、テレビをほとんど見ないので、リアルタイムでは見なかったのですが、「非認知能力を高めると社会人として成功しやすい」ということがとりあげられたと聞きました。それがフラワーアレンジメントがどう関係しているのか??みなさんは非認知能力という言葉を知っていましたか~?

非認知能力と認知能力とは?

学校の勉強ができる、テストでいい点数が取れることなどが「認知能力」と言われるもの。それに対して、林先生が番組で「非認知能力を高めることが社会人として成功しやすい」と言われたそうで、「非認知能力」と言われるものは何なのか?それを聞いて、むつかしいことは分かんないんですが、それって、全部、フラワーレッスンでやってることじゃん♥と、ピピピ☆ってきちゃったんですよね~(笑)。簡単に言うと「非認知能力」とは、忍耐力や社交性、感性や集中力のこと。それを高めることが、勉強や仕事など将来の成功やの支えになるということを林先生がの言われていたそうなんです。

非認知能力を高めるには?

・そろばんで指先を使う
・砂場遊びをする
・習字で感覚を磨く。
・ピアノで指先や感性を磨く
・スイミングで体を動かす
・絵本の読み聞かせ など。
私は、この話を聞いた時に、このトップに、フラワーアレンジメントも入れちゃってもいいんじゃないの~?と思いました。
トップの理由は、先に書いた習い事から養われることにプラスして、生きたお花を扱う事で、ものではなく生き物に対する優しさや色によってもたらされる効果、香りなど生きたものに触れることから得られる感受性の発達は、ほかの習い事に比べて想像以上の効果があるからです。
東大に合格した子のやっていた習い事のトップは、ピアノ、水泳だっだそうです。
これからの習い事はフラワーアレンジメント♥指先を刺激して、とくに女の子は優しい女の子になれちゃうよ。男の子も落ち着く時間を作って集中力が鍛えられちゃうよ♥作るのが好き♥お花が好きなお子さまにたくさん来ていただきたいんです♥

「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」

こんな本があると聞きました。ロバートフルガム博士の「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」冒頭しか読んでないけど「非認知能力を高めること」と、同じようなことが書かれているそうです。
この本の冒頭部分に書かれていることは、
・なんでもみんなで分け合うこと
・ズルをしないこと
・人をぶたないこと
・使ったものを元の場所に戻すこと
・散らかしたら自分で後片付けすること
・人のものに手を出さないこと
・誰かを傷つけたらごめんなさいを言うこと
・社会で通用するマナー
ここに私は「いつでも笑うこと♥」を付け加えたい♥「悩まないこと♥なんでも愉快に考えること」も♥
子どもが将来、社会性を身につけて自分で考え決断できる幸せな大人になる。その本に書かれていることをキッズフラワーレッスンで取り入れちゃっていたのです♥今までは無意識に♥これからは意識的に~~(笑)

人間力を身につけて幸せな大人になる♥


子どもの教育は早くから始めたほうがいいと言われています。だいたい就学前4歳~8歳くらいまでが、子どもの心を育てるのに適していると言われています。Kaniふぁみりあの子ども教室では、その年齢にフラワーレッスンを始めることに焦点を当て、お花を通して子どもの情操教育、心を豊かにする教育を始めようと思っています♥

こんな子どもになって欲しいから

前にも書きましたが、とくに心を育てる教育は、就学前(4歳)から8歳までに始めるのがいいとされています。kaniふぁみりあのキッズフラワーレッスンでは、4歳から小学4年生までの生徒さんを対象にキッズフラワーレッスンを開講しています。みんなに感動できる子どもになって欲しいから♥ママにも笑顔でいて欲しいから♥キッズフラワーレッスンではお花や植物素材を手に触れ、作品をつくること通してこんなことに心がけて、子ども達と接しています♥

・いいものを作るには?どうしたらいいの?と、自分で考えられる力を身に付けられる子になって欲しいから。(想像力)
⇒レッスンの時には作品の見本を用意するのではなく、私も一から一緒に作品を作ります。「どうやったらいいと思う?」「こっちがいいか、あっちがいいか、どっちかいいかな~?」と、ときに私も同じレベルになって相談しながら作品を作ります。おすすめレベル♥♥♥

・作品を完成させる喜びから、意欲的になることを知って欲しいから。(意欲)
⇒作っている途中にも「すごくいいのができそうだね」「たのしみ~♥」などの声かけを心がけています。長く来てもらっている子は逆に私に同じ声掛けをして来ることもあります。自分のことだけではなく、周りを観察できるようになったようです。おすすめレベル♥♥♥♥

・理解して進めることから、自分に問いかけながらやれるようになって欲しいから。(自己の状況把握)
⇒ひとつづつ、どうしてこのやり方でやるのかを話しながら、その先にどうするのかを聞きながら、話しながら進めています。おすすめレベル♥♥♥

・自分で質問をまとめられるようになって欲しいから。(まとめる力)
⇒なにか質問を聞いたあとに、私が毎回、要点を「それは、どういうこと?こういうこと?」などと聞くことで、自分が何気なくした質問をもう一度、落とし込んで、まとめる癖をつけられる。おすすめレベル♥♥♥

・聞くことから、コミュニケーション力を付けて欲しいから。(コミュニケーション能力)
⇒子どもからの質問にただ答えるだけでなく、逆に質問をしたり、自分で考えるきっかけとなるような答えを返したりしています。おすすめレベル♥♥♥♥♥

・自己主張や自分の好きなものがはっきりとする。はっきり言える子になって欲しいから。(自己主張)
⇒最初は好きなものを選んでも、親御さんや大人に、こっちのほうがいいんじゃないの?と言われることによって、自分の好きなものではなく親の喜ぶものを選ぶ癖がついてしまっている子どももいます。私が何を選んでも、受け入れることによって、自分の好きなものを主張してもいい、自分の好きなものがはっきりしてくるようです。おすすめレベル♥♥♥♥♥

・フラワーアレンジメントを作ることで、集中力を養って欲しいから。(集中力)
⇒子どもたちにとって、45分間、椅子に座っていることはむつかしい事。飽きさせない工夫やワクワクさせること、集中して取り組むことを提供しています。おすすめレベル♥♥♥♥

・自分の個性を出し、工夫する力が身に付けて欲しいから。(創造力)
⇒個性を否定しない、よっぽどのこと以外は、何をやっても大丈夫。褒めることによって、もっともっと個性がでる。それを表現する工夫もどんどん発達していきます。おすすめレベル♥♥♥♥♥

・短時間でも机の前に座っていられる、忍耐力を身に付けて欲しいから。(忍耐力)
⇒集中力のところでも書きましたが、子どもが椅子に45分座っているのはむつかしく、忍耐力が必要です。学校や塾に行くことになったとき座って集中できるために、飽きさせないように興味を引く会話や作品、作業で、楽しいから座っていられるということを心がけています。その先には、それが癖となり、将来、学校や塾でも座っていることができるようになります。その予行演習をしています。おすすめレベル♥♥♥♥♥

・将来のために♥定期的に通うことで、継続性を身に付けて欲しいから。
⇒前に書いていることと重なりますが、集中力、忍耐力につづき、楽しいから通うを習慣化することで持続性も身について、塾や学校にも継続して通うことが当たり前になる予行演習になっています。おすすめレベル♥♥♥♥♥

勉強では身につけられないことも、楽しみながら身につけていただけます♥
⇒学校では教えてもらえない、縦割り、私とのコミュニケーション、お花の配置やバランス、色などでセンスを磨くレッスン。それはファッションセンス、心を豊かにする、優しい子どもになる、話を聞いて考えられる子になることにもつながっています。おすすめレベル♥♥♥♥♥

私の目指す子どもの心を育てるレッスン

私の目指す子どもの心を育てるレッスンは、お花の作品の完成度を高めることは二の次三の次♥お花を上手く行けられるようになることよりも大切なのは人間性やコミュニケーション能力を高めるところ。そこに重点に置いてすすめています♥
なので、親御さんへのお願いです。出来上がった作品をご覧になった時に、大人の目から見て歪んでいても、少しおかしいな。と感じても、とにかく褒めてあげてください。そして、お子さんに質問してください。お子さんの表情を見てあげてください。作品を作っている間の感動を熱く語ってくれるでしょう。それが自分を表現できる大人、感動する大人、考えられる大人への第一歩なのです♥

楽しいから続けられる。続けられるを習慣化する。

親御さんたちから、習い事を始めても続かないという声をききます。学校に行き始めても集中して座っていられないなどの声もききます。就学前から座っていられることや、何かを続けることを習慣化することはとても大切だと思います。Kaniふぁみりあのキッズフラワーレッスンは、楽しいから続く♥座って学ぶことが習慣になる♥を目的の一つにしています。習慣化すれば、座って勉強することも苦にならず、塾などに行くようになった時にも続けることが普通にできます。楽しく習慣づけられるので、塾へ通うようになる前の予行練習としてもオススメです♥

習い事として、フラワーレッスンのいいところ♥

お花のレッスンの良いところは、通うことにプレッシャーがかからないところ♥
ピアノなどの楽器や英会話などのように予習復習が少ないところです。予習復習ができていなくて、行きたくないということがありません。だから、行きたくないがなく、小さなお子さまでも無理なくはじめられ、無理なく続けられます。お家での宿題がないから、子どももママも楽々ですよ。教室に来て作品を完成させる満足感を味わい、お家に飾って家族やお友達にみせることで自信をつけ、お水をあげたりする世話をする優しい心を育て、お水を忘れれば枯れてしまうんだということを知ったり。
大人の生徒さんからも、フラワーアレンジメントは来ることにプレッシャーがなく気持ちよく通える習い事として喜ばれています。

実際の生徒さんの変化をママに聞いてみました♥

lessonに来る前の様子…
今日は何を作るのかな~ とか、かに先生面白いよね~。とか楽しみにしている様子で話してきます。
お花との関わり方…
教室でお花に触れあってるからか、自然と咲いてる花を見たり、触れたりしています。
二人で花屋さんや苗屋さんにも行くので、気になるお花があれば、選ばせて育てたりもしています。
どんな風に変わったか?…
習い始めてから、とてもひとつひとつ丁寧に行動をおこすようになりました。例えば、整頓しながら行ったり最後もきちんと片付けたり。感心します。人間性にも、大きく関わっているような気がします。
人間性でいうと、
1.集中力がついてきてる事。
2.友達や回りの人達にたいしての優しさ。
3.お片付けがきちんとできるようになった。
これは、周りの大人から言われる事が多いです。
お花を習い始めて変わったのか?もともとの性格なのか?は分かりませんが習い始めてからの変化はこんな感じです。
私から見て、あまり落ち着いてるとは思ってないですが、先生にはやるべき事がをしっかり行う。と言われます。そういう面で落ち着いてると言われます。あと、相手が言ってる事の理解力もあるとも言われます。習い始めて2年ですが、集中力も身に付いてきたと感じます。
先日、学校に忘れ物を取りに行って、その日に作った図工の作品を偶然目にしました。そこには、本人曰く「宝石箱」なるものが。ほかの作品の中でもきちんと出来ている。2つの箱をうまく組み合わせて配置もよくバランスもよくできていて、これも小さい時からお花の教室でいろいろなものを作って応用力がついた成果かしら?と思いました。

子どもレッスン内容

季節のお花や植物素材(生花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなど)を使って、家族で楽しむクリスマス、ハロウィン、ひなまつり、母の日のプレゼントづくりなど、イベントを家族で感じる作品を一緒に考えながら作ります。アレンジメント、花束、リース、壁飾りなど。夏休みの課題提出にできるお花も作れます。

受講料・レッスンデーについて

入会金:10000円
レッスン代:月2回で6000円 (材料費込み)
      レッスンチケット制 21000円(6回/有効期限6か月)
開講中★第2.第4 土曜日10時~(所要時間は40分~50分です)
※運動会やご都合による振替にも対応します。ご相談ください。
継続レッスンになります。お休みされる月も月謝がかかりますのでお願いいたします。
各クラスとも、目の届く4名までの少人数制になります。

まずはキッズフラワー体験レッスンへ

まずは、体験レッスンへ。
毎月第2・第4土曜日 10:00~
おひとり様1回のみ。参加費2000円(要予約)
まずは、ママと一緒にご参加ください。
入校は4歳からになります。体験レッスンは3歳半から4年生まで。
教室見学できます(無料・要予約)
ご質問などに、お答えしています。

※表示価格は全て税別です。

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ

体験レッスンのお申し込みは、
毎月第2・第4土曜日10:00~の日にちを選んでお申込みフォーム、又はお電話で、お申し込みください。

お電話でのお問い合わせは
水・木・金・土 13時~20時まで
お電話で「ホームページを見ました」とお伝えください。
TEL 090-3456-7155

下のフォームからは24時間 いつでも受付中です。